根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会です。

根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会

学術大会・セミナー一覧
  • english
  • 文字のサイズ

ホーム活動内容学術大会・セミナーの案内2013年JEA研修会のお知らせ

2013年JEA研修会のお知らせ


 2013年度は本会主催により,第9回世界歯内療法会議(2013年)が2013年5月23日(木)から26日(日)まで4日間,東京フォーラムにおいて開催されます.2013年度の第34回JEA総会学術大会は世界歯内療法会議と併催となります. JEA新入会員の増加と第9回世界歯内療法会議(2013年)の参加者を募るべく,研修会を開催いたします.お誘い合わせの上ふるってご参加ください. なお,現在未定の点は,決定次第,日本歯内療法学会ホームページ(http://www.jea.gr.jp/)に掲載いたしますのでご了承ください. ※非会員の方でも参加可能です.知り合いの先生にお声をかけ,ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます.

日  時:2013年3月9日(土) 13:00〜17:00
場  所:上野(株)ヨシダホール3階
講  師:須田英明先生「第9回世界歯内療法会議からみた歯内療法臨床の動向」
     小嶋 壽先生「歯内療法の臨床的基本」
     寺内吉継先生「感染除去」

参 加 費:会員,非会員を問わず 5,000円

(東京会場のパンフレットはこちら(PDF)

※第9回世界歯内療法会議(2013年)に参加登録をされた先生は参加費は無料となります.
※JEA入会申込者は参加費無料となります.(当日は,入会金5,000円,年会費15,000円をご準備ください)

お申し込み方法:
     下記ご記入の上事務局まで郵送またはFax願います.参加費は当日承ります.
     〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
     (一財)口腔保健協会内 日本歯内療法学会 事務局 Fax:03-3947-8341

申込用紙(お手数ですがコピーしてご利用ください)


2013年 開催のJEA研修会に出席いたします.

      月   日

(下記にご記入,または○印をお付けください)
氏名:
FAX:
JEA入会について: 会員 ・ 非会員(当日入会予定) ・ 非会員(入会予定なし)
第9回世界歯内療法会議に登録済みである(  はい ・ いいえ )
いずれかに○をしてください.

「はい」の方はお分かりでしたら登録日を下記にご記入ください.
(  年  月  日登録)



「セミナー事後報告」


セミナー名称 JEA研修会 東京
開催日 2013年 3月9日(土)13:00〜17:00
会場 東京都台東区上野 株式会社 ヨシダ 研修室
参加人数 22人
事後報告

2013年5月東京国際フォーラムで開催される第9回世界歯内療法会議に先立ち、これまで福岡、札幌、富山、仙台で研修会が開催されました。そのフィナーレを飾り、そして5月の世界大会開催に繋げよう!という趣旨で、東京で研修会が開かれました。

1「第9回世界歯内療法会議からみた歯内療法臨床の動向」

第9回世界歯内療法会議 大会長
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科歯髄生物学分野 須藤英明先生

アジアで初の世界歯内療法会議の開催国となった「日本」の素晴らしさを、世界のエンドンティスト達に紹介し、このたび我が国で開催されるまでにいたった経緯を解説していただき、また、歯内療法臨床の現状を外科的歯内療法のケースも交えながらご講演いただきました。

2「歯内療法の臨床的基本」

第9回世界歯内療法会議 プレコングレス委員会委員 
東京都中央区 開業                  小嶋 壽先生

歯内療法を始めるときは、根管形成の3要素を基本に実践しなければなりません。

その大事な3要素 @肉眼操作 A近心操作 B直線形成について、わかりやすく熱く楽しく解説していただきました。

3、「感染除去」

第9回世界歯内療法会議 プレコングレス委員会委員 
神奈川県大和市 開業                 寺内 吉継先生

歯内療法成功のポイントは徹底的な「感染除去」ですが、そのグローバルスタンダードについて、多くのデータや種々の器具器材の比較などを盛り沢山に紹介していただきながらご説明いただきました。
ご参加のほとんどの先生方は事前登録が済んでおりました。「日本の歯内療法を生で国際比較できるよい機会」と講師の寺内先生は仰っていますが、全くその通りであると思います。現在のところ、事前登録者は1,090名を超えると聞いていますが。より多くの先生方のご参加をお祈りして本研修会の報告といたします。

報告記入日 2013年4月6日(土)
報告者 佐藤真奈美(JEA研修委員)

ページトップへ