根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会です。

根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会

学術大会・セミナー一覧
  • english
  • 文字のサイズ

ホーム活動内容学術大会・セミナーの案内事後報告

「セミナー事後報告」


セミナー名称 第4回東北歯内療法学会学術大会
開催日 2019年9月22日(日)
会場 きざん八戸
参加人数 156人
事後報告

東北歯内療法学会が主催する第4回学術大会を青森県八戸市で開催いたしました。今回は初めての試みとして、地区歯科医師会である八戸歯科医師会との共催ということで、八戸歯科医師会の皆様にも運営にご協力いただきました。
佐藤暢也東北歯内療法学会副会長の開会の辞に続き、青森県歯科医師会会長:山口勝則先生、八戸歯科医師会会長:松尾芳明先生のご挨拶をいただきました。午前中は一般口演として、秋田県大館市開業の長橋先生、岩手医科大学の青木先生、東北大学の八幡先生にご発表いただきました。
3題ともそれぞれの視点からの興味深い発表で、青森県歯科医師会学術担当理事:伊藤先生のもと、活発なディスカッションが交わされました。昼食時には、(株) 茂久田商会協賛によるランチョンセミナー「よく治るVDWエンドシステム」を、秋田県ご開業の佐藤暢也先生に行っていただきました。我々が日常使用するNi-Tiロータリーファイルの使用方法や、根管洗浄用チップなどについて、その使用方法や注意点,臨床でのコツなどを解説していただきました。
休憩を挟んでの特別講演には、東京都で歯内療法専門医院をご開業の、AAEスペシャリストメンバーでいらっしゃる石井宏先生をお招きし、2つのテーマ:「専門医が行う歯内療法の基本的なプロトコール」、「エンド・ぺリオ病変のマネージメント」をご講演いただきました。
どちらのご講演も、大変示唆に富んだ内容で、参加者の明日からの臨床に役立つのはもちろん、その先の患者利益につながるものとなり、講演後のディスカッションでも、参加者からの質問に対し、歯内療法専門医のお立場から真摯にお答えいただく石井先生の姿勢に感銘を受けました。
次回学術講演会は2020年に山形県で開催される予定で、大会実行委員長の青山登先生に内容のご紹介をいただき、岩谷眞一東北歯内療法学会副会長の閉会の辞にて、盛会のうちに閉会しました。


 

 

報告記入日 2019年9月28日
報告者(所属) 上松 丈裕(第4回東北歯内療法学会学術大会実行委員長)

ページトップへ