根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会です。

根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会

学術大会・セミナー一覧
  • english
  • 文字のサイズ

ホーム活動内容学術大会・セミナーの案内中部支部会 2014スプリングセミナー事後報告

「セミナー事後報告」


セミナー名称 日本歯内療法学会中部支部会2015スプリングセミナー
開催日 2015年3月15日(日)
会場 愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)901会議室
参加人数 86人
事後報告

役員会、総会に引き続き、松本 享支部会長の開会の辞があり、スプリングセミナーが開催された。今回のテーマは、「歯科診療における歯内治療の位置づけ」である。札幌市開業の坂東 信先生に、「自由診療に切り替えたのはなぜか」という題目で、テーマ講演1を担当していただいた。昨年、自由診療のみの診療体系に切り替えた際のいきさつと、歯内治療をどのように患者さんに浸透させるかということ等についてお話いただいた。その後、出展企業9社からの最近の機械・材料の話題を提供していただいた。昼食後、東京都歯科勤務の林 智恵子衛生士に「スタッフが楽しくなる根管治療」という題目で、テーマ講演2を担当していただいた。アシスタントワークにおける衛生士の目から見た歯内治療に関してお話いただいた。最後に、大阪府開業の木ノ本 喜史先生に、テーマ講演3を担当していただき、「歯内治療の鉄則―見落としがちな感染制御の基本の基本―」という演題で、お話をいただいた。普段何気なく行っている治療行為に感染を考慮すべきことがたくさんあり、今後実践していくことがたいせつであるという内容であった。総合討論のあと、山下 保彦支部副会長の閉会の辞により盛会の中スプリングセミナーを終えることができた。



報告記入日 2015年4月21日
報告者(所属) 山口正孝(日本歯内療法学会中部支部会事務局長、愛知学院大学歯学部歯内治療学講座)

ページトップへ